未経験からのスマホアプリ通信

アプリ開発を仕事にするには

アプリ開発を仕事にするには

AndroidとiOSの違いなど、スマホアプリ開発の基礎となる知識をメインに解説してきました。ここからは、スマホアプリ開発のスキルを身につけ、そのスキルを活かして稼ぐための情報を紹介していきます。未経験からスマホアプリ開発を仕事にするなら、転職でどこかの会社にもぐりこむ、フリーエンジニアとして仕事をとるなど、いくつかの方法があります。未経験者である以上、実績がないのが不利となるため、スキルレベルを客観的に証明するためにAndroid技術者認定試験などの資格取得にチャレンジするのもおすすめです。

アプリ開発を仕事にするにはの記事一覧

  • Android技術者認定試験資格を得る

    Android技術者認定試験資格を得る

    「Android技術者認定試験」は、開発者が自分の技術力を第三者に客観的に評価してもらうための資格です。情報処理技術者試験などに比べ、内容がAndroidに関することだけに絞られていることが特徴です。この試験は対象やレベルによっていくつかに分かれますが、その中でも「Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック」は、Android開発が未経験という方でも十分に勉強すれば比較的合格しやすく、おすすめです。スキルアップのため、あるいは転職の武器とするために受験してみてはいかがでしょうか。

  • 就職支援のある「レインボーアップス」で勉強

    就職支援のある「レインボーアップス」で勉強

    「レインボーアップス」は未経験の方でもAndroidやiOSのアプリの開発を学んでいけるプログラミングスクールです。多くの参加者のいるメーリングリストや教室の仲間、そして講師に質問をしながら、アプリ開発の準備からリリースまでを学ぶことが出来ます。このスクールには「就職・転職コース」という特徴的なコースがあります。これは、受講後にレインボーアップスの紹介する企業への就職や転職を行えば、授業料が全額キャッシュバックされて実質的に無料になるという、転職を考えている方にはお得なコースです。

  • 「レバテックフリーランス」でフリーエンジニアとして活躍

    「レバテックフリーランス」でフリーエンジニアとして活躍

    フリーエンジニアとしてアプリ開発を仕事にするなら「レバテックフリーランス」を活用しましょう。このサイトでは1年間に3万件以上という大量の案件を紹介しています。未経験の方でも、現場に詳しいコーディネーターに自分の希望やスキルを伝えることで、最適な仕事を探してもらう事ができます。紹介されている案件には高単価の物も多く、手数料も取られません。また、現在の案件が終了する前に次の案件探しをサポートしてくれますから、フリーランスの不安定さを心配する方にもおすすめです。

ページの先頭へ戻る